インターステラー

しばらく仕事が立て込んでしまい、なかなか遊びにもいけなかったのだけど
久々に少し時間が出来たので「インターステラー」を観に行ってきました。

なぜかここ数年はSF映画しか見ておらず、
その中で個人的に一番面白かったSF映画はトムクルーズの「オブリピオン」。
これは文句なしに最高でしたね!

そんでもって次は「ゼログラビティ」。
次は「エンダーのゲーム」か「スター・トレック イントゥ・ダークネス」あたりかな。

CGの技術が上がっているせいか、割と昨今のSF映画はリアリティとフィクションのバランスがとれていてどれも面白いのでインターステラーもかなりの期待を持って観に行きました。

見終わってみて、オブリビオンには及ばずでしたがその次に来るくらい面白かったです。
暫定2位だったゼログラビティも面白かったのですが、かなりリアリティあるストーリーで良い意味で緊張感がありすぎたのでインターステラーくらいのエンタメ感が自分にはちょうどよかったです。

SF映画では定番のワープシーンをいかにスピード感+誰も見たことないようなビジュアルイメージ感を出すかが最近ではCGの見せ場のようで、どの映画ももれなくそんなシーンが盛り込まれているのだけれどこの映画もなかなかの仕上がりで、さらに5次元のCG表現もなかなか見応えありました。

しかし最近は「オブリビオン」しかり「エリジウム」や「プロメテウス」など似たような語呂のSF映画が多いので、1年後にはどれがどれだったかわからなくなるのです。

インターステラー

夏は宇宙博も行ってきました。

タイトルとURLをコピーしました